後世に残そう!

東日本大震災:震災体験、電子書籍で後世に 山田の元高校教師・田村さん、31日発行 /岩手
毎日新聞 2013年01月29日 地方版
f0206452_820199.jpg

◇ローカル紙に「私記」連載…逃げ惑う姿などつづられ
 東日本大震災を体験した山田町後楽町の元高校教師、田村剛一さん(74)が盛岡市のローカル紙に連載した「震災私記」を電子書籍出版社の「岩手復興書店」(盛岡市)から31日発行する。逃げ惑い、肉親の安否を求め回る隣近所の人たちの姿などがつづられている。田村さんは「経費を掛けずに体験記録を後世に残すのに電子書籍は合っている」として選んだという。【鬼山親芳】

毎日JPより

More
# by seiryouzan | 2013-02-01 08:20 | 地震関連

嬉しいお便り

昨日、思いがけず嬉しいお手紙が舞い込みました。
いつもお世話になっている知り合いTさんに「復興ぞうきん」を差し上げたところ、
Tさんは、復興ぞうきんを包んだ薄桃の包装紙にあったお名前と簡単な住所を見て、お礼と励ましのお手紙を送って下さいました。
f0206452_10573190.jpg

娘さんからの小さな手紙は、切れ端を結んだ刺繍糸が丁寧に巻かれてありました。
お母様が縫ったぞうきんが手から手に渡り、嬉しいご縁ができた感謝が記されていて、母娘さんの暖かなお気持ちが小さな便箋に沢山詰まっていました。
この繋ぎ合わせた刺繍糸のようにみんなで手を繋ぎ震災を乗り越えなくちゃ!
例年にない寒さが続く毎日にほっこり心が温かくなる手紙に身も心も癒やされた思いです。手紙を送ってくださったTさん、私にまでお礼の手紙を下さった娘さん、ありがとうございました。

一針々心のこもった復興ぞうきんは日本全国へと渡り、「絆」を深めています。
こんなに綺麗な雑巾は使えないとおっしゃるほど手が込んだ雑巾たちです。私は雑巾を見る毎にあの大地震を津波を忘れてはならないと胸に深く刻みます。
被災地支援チーム SAVE IWATE 『復興ぞうきんプロジェクト』はこちらから・・・
ご希望の方は光鏡院にて販売させて頂いています。一個300円 (200円が縫子さんに支払われます。)
# by seiryouzan | 2013-01-25 12:49 | ちょっとイイ話

大本山總持寺 平成25年1月の伝道標語

f0206452_1321778.gif
お釈迦様から摩訶迦葉尊者へ仏法が伝えられた際のお言葉です。ある日、お釈迦様はたくさんの修行僧の前に無言で一輪の花をつまんで示し、まばたきをされました。修行僧らはその意味するところが解らず沈黙します。その中でただ一人、迦葉尊者だけが真意を悟って微笑みました。それを御覧になったお釈迦様は、「私の悟りの全てを迦葉に授けた」と述べられたのです。

福島県に住む曹洞宗の先輩和尚様から次の話を教えられました。もう少しで二年が経つ、東日本大震災に係わる出来事です。

震災後、福島県の葬儀社さんの組合では、津波に呑み込まれて命を落としたおびただしい数の御遺体を、きれいに処置して棺に納めるというボランティアに取り組んだそうです。それに参加していた葬儀社に勤めてまだ日の浅いお檀家さんの青年が、お寺を訪ねて来て和尚さんにとつとつと語り始めました。

海の水に漬かった御遺体ですので、それはそれは痛々しい状態の場合が多いそうです。青年は逃げ出したくなる気持ちを抑えて、自分自身に「お亡くなりになった人の為に良い事をしているのだ。きっと喜んでくれている」と言い聞かせ、気持ちを奮い立たせて頑張っていました。

続きはこちらから
# by seiryouzan | 2013-01-10 13:21 | 大本山總持寺今月の伝道標語

七草がゆ

遅だしですが・・・七日は七草粥をいただきました。
芹(せり)
薺(なずな)
御形(ごぎょう)
繁縷(はこべら)
仏の座(ほとけのざ)
菘(すずな)
蘿蔔(すずしろ)
f0206452_1355854.jpg
少しお水が少なかった・・まぁ美味しくいただいたので良しとしましょう!!いきなり転んで右足捻挫で始まった新年は忘れて、無病息災祈願です!
f0206452_1358335.jpg

野鳥にお粥のプレゼント~のつもりがナント!ウチの猫達が集まって来ちゃいました。
だめじゃ~ん008.gif
f0206452_14112866.jpg

ー追画ー
またまたやって来た猫にこらっ!とひと言、「ごめんよぉ~~」ごろごろ・・・
f0206452_13173062.jpg

# by seiryouzan | 2013-01-09 14:15 | その他

メジロ

メジロ数匹が庭石の上に置いたミカンを食べにやって来ます。
f0206452_1236010.jpg

周りに気を配りながらも必死に食べています。
f0206452_1237381.jpg
時折こちらを向いては首を傾げる仕種の可愛いこと。
f0206452_1027885.jpg

視線を感じるけど、まぁいいか・・・
f0206452_13594982.jpg
房の皮は除けてキレイに果肉だけ食べてほとんど完食。って・・・有る意味芸術作品か?また新しいミカンを置いておくからね。。
f0206452_1240321.jpg
警戒心が非常に強いメジロ。隠れながら、息を止めつつの撮影だったようです。(撮影 住職) 
# by seiryouzan | 2013-01-07 13:44 | 境内の鳥・動物・昆虫など

新年 明けまして おめでとう ございます

f0206452_1803047.jpg
平成25年1月2日富士川より撮影

新年が皆様にとってより良き年となりますように御祈念申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
f0206452_1843635.jpg
山門掲示板:絵 河野修治さん 書 山田シゲ子さん
# by seiryouzan | 2013-01-06 18:10 | その他

朝靄と凍てつく雫

12月8日成道会早朝、橘高校や瀬名中央町辺りが朝靄に包まれていました。近年あまり見られない光景です。
f0206452_14384852.jpg

幻想的な冬の朝でした。
f0206452_14431894.jpg
12月25日クリスマス寒波が押し寄せた早朝。自動車の屋根が真っ白け・・・よく見ると朝露がしっかり凍り付いていました。
f0206452_14454050.jpg
年末寒波も押し寄せるとか・・・一週間おきに寒波は押し寄せています。昼はポカポカでも夜や早朝出掛ける際は防寒対策必要ですね。一年当ブログ御覧下さいました皆様心よりお礼申し上げます。来年が素敵な年になりますようにお祈りしています。
# by seiryouzan | 2012-12-26 14:54 | その他

光鏡院 成道会法要

12月8日はお釈迦様がお悟りを開かれた記念日です。各寺院ではこの日を記念してお祝いをしています。光鏡院では毎年当日に世話人様、お檀家さまにおいでいただき法要を開いています。
花を添えてくださる御詠歌隊は三宝御和讃、大聖釈迦如来成道御和讃、正法御和讃を奉詠!6日に引き続きで大忙しの御詠歌隊に感謝。
f0206452_12571824.jpg

法要後は、企画制作 曹洞宗宗務庁 『向き合う 伝える 支え合う』のビデオを鑑賞しました。真剣な眼差しで御覧くださいました。
f0206452_1314663.jpg


成道会とは 曹洞宗公式サイトより
# by seiryouzan | 2012-12-19 13:05 | 行事や法要

静岡市静岡仏教婦人会「成道会」準備編

数週間前より河野修治さまに描いていただいたポスターを山門掲示板に設置!ご近所K子さんにも大掲示板の設置や販売などご協力いただきました。
f0206452_8434453.jpg
御詠歌の皆さんは浅井講師、遠山講師の熱い講習を受け!
f0206452_8491128.jpg
宗派代表さんと理事さん達は、お土産の袋詰めに勤しみました。
f0206452_850995.jpg
  
2日前になるとお檀家さんが本堂の大掃除!座布団の日干しまで・・・
f0206452_8522819.jpg
多くの人の手を借り、大事なお客様をお迎えする準備が整いました!!
f0206452_8551823.jpg
磯田ご老師の三味線!
f0206452_9513128.jpg
f0206452_11582490.jpg


ひとつの大きな行事を開催するということは、多くの人の手が必要不可欠ですね。終わってすぐホッとしますが反省点も多々ありました。不具合はこれから良き勉強となり、貴重な経験は何ものにも代え難いことを学びました。ご参加下さった方が笑顔でお帰りになること、更に携わった方々に如何に楽しく、気持ちよく支えていただくか?等々・・・仲間の笑顔に救われ、それが「大きな力」になること!

不備など、気付けなかった点があったかもしれません。ご指導ご指摘賜れれば幸いです。今一度、今回成道会に携わっていただいた皆様方に深く感謝し、お礼申し上げます。
# by seiryouzan | 2012-12-17 09:54 | 行事や法要

静岡市静岡仏教婦人会「成道会」開催

12月6日静岡市静岡仏教婦人会「成道会」(お釈迦様がお悟りをひらかれた記念日)が当寺院にて開催されました。静岡市仏教会会長さまはじめ、役僧の皆様、市内全宗派のご寺族、壇信徒さま約200名の方々にご参集いただきました。準備から当日まで、多くの方々のご協力をいただき無事開催できましたこと深謝申し上げます。
f0206452_221348100.jpg
河野修治さま手描きの玄人はだしの大看板がお出迎え!
f0206452_20531100.jpg

市内曹洞宗寺族様と光鏡院梅花講の総勢40名による梅花奉詠で開式です。奉詠曲:大聖釈迦如来成道御和讃・大聖釈迦如来成道御詠歌(明星)・聖号・道心利行御和讃
f0206452_21153272.jpg

献灯献華
f0206452_2184762.jpg
読経
f0206452_21234394.jpg
仏婦の信条
f0206452_2122391.jpg
静岡市仏教会会長ご挨拶
f0206452_21311219.jpg

「清興」は富士市からおいでいただいた慶昌院磯田ご住職による津軽三味線法話『魂を受け継ぐ』
f0206452_21342919.jpg
方丈様がつま弾く三味線の音色と法話は胸の奥深くに染み、堂内は感動と笑顔に満たされていました。
f0206452_21375963.jpg
堂内で販売させていただいたSAVE IWATE SHIZUOKA の東北企業支援商品は沢山の方にお買い求めいただき完売しました。また夏庵さんのお菓子やご近所の寺井おばあちゃんの刺し子布巾、相川さんのちりめん布親子地蔵、アームバンドの売上金は、義援金として『あしなが育英基金』へ寄付させていただきます。ご協力ありがとうございました。
f0206452_2251097.jpg

# by seiryouzan | 2012-12-16 22:43

大本山總持寺 12月の伝道標語

「同事行」の実践を
f0206452_20444531.gif


『東京ディズニーランド』といえば子ども達から大人まで人気のあるテーマパークです。誰でも一度は訪れてみたい所であり、あこがれの場所でもあります。ここは三十年程前にオープン。以来ずーっと御客様が喜んでいただけるように」、満足してもらえるようにと「マニュアル」(決めごと)がきっちりと完備していると言われています。

ある時そのディズニーランドの中の一つのレストランでの出来事です。
f0206452_20513429.jpg


若い夫婦がそのレストランにやって来て、自分達の食事に加えて「お子様ランチ」を注文したのです。東京ディズニーランドのマニュアルでは「お子様ランチ」は九才以下の子どもにしか出さないことになっているのです。困ってしまったウェイトレスが訳を尋ねると、この若い夫婦はちょっと沈黙したあと「実はここに来ることを楽しみにしていた娘が、昨年事故で亡くなってしまったのです。今日はその娘の命日なので一緒にここで遊んで、一緒にここで食事をさせたくて・・・」

感動の続きはこちらから
# by seiryouzan | 2012-12-14 20:49 | 大本山總持寺今月の伝道標語

第九回曹洞宗梅花流九州奉詠大会コンセプト映像

曹洞宗九州管区主催
第9回曹洞宗梅花流九州奉詠大会 「火願」〜同行同修の心をつないで〜

平成24年11月27日、熊本県立劇場で開催された第九回梅花流九州奉詠大会のコンセプト映像。この大会では、Google+のhang outを使って岩手、宮城、福島の三会場をライブ中継して、それぞれの梅花講員さん方にも大会に参加して頂いた。更にUstreamを使いインターネット配信を行った。
これは、九州という地域を超えて、梅花流詠讃歌を通して、互いの思いを繋げ、共有する試みである。

 

大会テーマの「火願」とは、火の国、熊本からの願い。マグマの様に熱く秘めた思いで復興への祈りを込め、昨年の大震災被災地の皆さんと今年の九州北部水害被災地の私たち、詠讃歌を通して「同行同修の心をつないで」行こうと言うものです。

大きな震災に負けずに立ち向かう人達と青年僧侶の絆と「復興」という熱い願いが感じられる動画です。是非御覧ください。

甲斐之彦様作成、茨城県龍泰院 出村ご住職様からシェアさせていただきました。
# by seiryouzan | 2012-11-29 22:56 | 梅花

静岡県第一宗務所主催 第43回 壇信徒大本山研修会

日時 平成24年11月5日~7日 場所 大本山永平寺
参加総数356人 (15教区29人 光鏡院5人)
f0206452_959427.jpg
苔むした五代杉の巨木に囲まれて勅使門(ちょくしもん)が建っています。勅使門は宮中からの勅使を迎える為の門で、門扉には皇室の御紋章である菊花紋が飾られています。

バス10台を連ねた大研修団は昼過ぎに永平寺の門前に到着。降りるとピンと張り詰めた空気が広がりました。
開講式、法話、座禅、翌朝は3時に起床して朝課に参加しました。蝋燭のともしびと静けさのなか、背中に響く読経の声、清々しい空気は永平寺でしか味わえない貴重なものです。

さて、9ヶ月ぶりに再会した弟子の一樹(いちじゅ)は、※瓦志納(かわらしのう)の係でした。黒い衣(ころも)が思いのほか身に付き、屈託のない笑顔は、私達の不安や心配を一気に吹き飛ばしてくれるものでした。入山してから※小庫院(しょうくいん)に7ヶ月、現在は※知庫寮(ちこりょう)で修行させていただいているようです。

※瓦志納係とは毎年、雪の重みで瓦が割れてしまうため瓦修復のための御志納金受付係
※小庫院とは参拝者と吉祥閣の和尚の食事を作ります。 
※知庫寮とは生活必需品の卸や管理、山内の法具の管理を担います。
f0206452_10102750.jpg


「寒厳一樹松」(かんがんいちじゅのまつ)
意味:雄大な松は、凍てつく厳しい寒さの中でさえ、堂々と高くそびえ、何も誇示せず、むしろその松の葉は存在感さえある。

弟子一樹が永平寺修行に出掛ける前日に贈った書(言葉)です。松の根のように地に足を着け、日々の修行に励んで欲しいとの思いを込めました。苦楽を共とする仲間との出会いや、修行の日々はこれからの人生において掛け替えのない大きな宝となりましょう。日々研鑽(ひびけんさん)を積む一樹に負けず私も精進の日々をおくります。
室町時代には天皇から「曹洞宗第1道場」の勅額を 贈られ、日本の禅修行の場として長い歴史を刻んできた永平寺。これから厳冬にむかい修行も更に厳しいものになるでしょう。弟子をよろしくお願い致しますと合掌し深く低頭して帰って参りました。
# by seiryouzan | 2012-11-27 10:00 | 行事や法要

大本山總持寺 今月の伝道標語11月

f0206452_18593014.gif

食べ物は私達の命をささえる大切なものです。私達の体は他の多くの命によって支えられているのです。しかし、私達を支えるのはただの食事だけではありません。

お釈迦様は、四つの食べ物があると説いています。

第一に丸めて食べる(団食(だんじき))、第二に接触という食べ物(触食(そくじき))、第三に意志(いし)という食べ物(意思食(いしじき))、第四に識(しき) という食べ物(識食(しきじき))がある。

More『相応部経典 2‐1』四食(しじき)の教え
# by seiryouzan | 2012-11-11 19:01 | 大本山總持寺今月の伝道標語

梅花流御詠歌講習会と3級検定会

10月11日静岡県第1宗務所主催、梅花流特派講習会が厳修されました。会場は法泉寺さまです。
約80名の講員さんは西村師範の講習を真剣に楽しく受けていました。島根県平戸から西村承品師範。
f0206452_19245075.jpg


10月26日(焼津グランドホテルにて)
25日から一泊二日の合宿には約200名が参加し、各階級90名が検定会に挑みました。
光鏡院の講員7名が3級の昇級試験を受験しました。(検定曲、梅花1・御授戒御和讃・妙鐘)
そのなかに講員歴25年で今年80歳になる受験者のT子さんはひどい腰痛を抱えながらも練習日には必ず出席されていました。
そのT子さんをいつも近くで見守っていたS子さんは「私は落ちても、T子さんには絶対合格して欲しい・・・」
私は思わず涙・・・「きっと二人とも合格されますよ!!ここまで必死に頑張ってこられたのだから・・・。」

2級検定で頭が真っ白になった経験をもつ私。
あの、ただならぬ雰囲気を思い出し、心臓がバクバク、手に汗握りの動揺からか、
カメラを忘れ、ついでに携帯まで家に置いてくるという大失態で画像はありません。

第一宗務所の皆様はじめ講師さまがたには大変お世話になりました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
# by seiryouzan | 2012-10-28 20:42 | 梅花


おいでいただきありがとうございます!お寺であった出来事を不定期に書いています。時々個人的なことも・・・


by seiryouzan

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
境内の鳥・動物・昆虫など
行事や法要
境内の植物
境内の仏さまとお地蔵さま
板橋禅師様のお言葉
愛犬
手作り 
梅花
本堂の風景
ちょっとイイ話
その他
地震関連
仏像
さくら情報
福島原力事故関連
復興支援
お知らせ
澤木興道老師お言葉
東日本大震災、僧侶の関わり
盆灯籠供養
大本山總持寺今月の伝道標語
地震対策
静岡市仏教婦人会関連
グリーンカーテン
【東日本大震災2年】
未分類

以前の記事

2016年 07月
2016年 03月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月

最新のトラックバック

石仏の心323:東日本大..
from 石仏の心(いしぼとけのこころ)

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事

画像一覧