平成30年  彼岸花

f0206452_20512401.jpg
今年も彼岸花が境内や墓地のあちこちに咲き始めています。
まとまって風に揺れていたり、人目を憚るような場所に一本だけひっそりと佇んでいたり。 

幼い頃、曾祖母が「彼岸花はね、亡くなった人の数だけ咲くんよ」と教えてくれた。

それからというもの、彼岸花に出会うと、私のなかでは、
もはや花としてではなく、亡き人として捉えるようになっていますから、
今年もこんにちは。綺麗に咲いて下さってますね。
亡くなられた方々をひとりひとり思い出しながら歩きます。
 
果たして自分は亡くなったらどんな風に、どんな場所に咲くのだろうか。
毎年、己の生き様を考えさせられる彼岸花。
燃えるような花弁がなぜか儚く。今日も風にゆらゆら。 

彼岸花がどうして墓地に多いのでしょうか。
土葬の際の獣除けに植えられたようですね。
彼岸花全体に毒があるそうですから、気をつけてくださいね。
沢山食べなければ大丈夫なようです。

 赤い彼岸花の花言葉 情熱・独立・再会・あきらめ・悲しい思い出

by seiryouzan | 2018-09-19 10:07 | 境内の植物