f0206452_13485411.jpg
「原発を選ばない暮らしを考える機会に」と話す西田正法さん(右)ら=永平寺町の大本山永平寺で
下記中日新聞より引用
脱原発に対する議論が巻き起こる中、曹洞宗大本山永平寺(永平寺町)が、原発問題を考えるシンポジウムを11月2日午後一時から、永平寺町山の「四季の森文化館」で開く。永平寺が原発関連の催しを開くのは初めて。布教部長の西田正法(しょうぼう)さん(56)は「原発は使用済み核燃料という負の遺産を後世に背負わせる。それは、すべての生物や自然を慈しむ仏教の教えに反する」と話している。

 シンポのテーマは「いのちを慈しむ~原発を選ばないという生き方~」。曹洞宗の教えを市民に発信するための寺内組織で、西田さんが所属する「禅を学ぶ会」が企画した。命を重んじる考えのもと、これまで原爆に関する映画上映や展示会などを開いてきたが、東京電力福島第一原発事故を機に「原発のある暮らしを見つめ直しては」との思いで、テーマを決めたという。

 県内を拠点に長年、反原発運動に携わる小浜市の明通寺住職、中島哲演(てつえん)さん(69)と、福島第一原発事故の計画的避難区域内にある福島県飯舘村で酪農を営んでいた長谷川健一さん(58)が講演。作家朴慶南(パクキョンナム)さんの司会で、二人によるパネル討論もある。

 西田さんは「原発批判だけが目的ではない。電力をたくさん使う、便利すぎる生活は必要か、考える機会にしてほしい」と話している。

 定員四百人、入場料五百円。問い合わせは禅を学ぶ会事務局=電0776(63)3456=へ。 (古谷祥子)


以下東京新聞より引用
永平寺、脱原発シンポへ 「後世に負の遺産は慈しむ教えに反す」
国内最多十四基の原発が立地する福井県にある永平寺(永平寺町)が、脱原発の視点から生活や生き方を考えるシンポジウムを十一月二日に開く。永平寺が原発関連の催しを開くのは初めて。布教部長の西田正法(しょうぼう)さん(56)は「使用済み核燃料という負の遺産を後世に背負わせる原発は、すべての生物や自然を慈しむ仏教の教えに反する」と話している。

 シンポのテーマは「いのちを慈しむ~原発を選ばないという生き方」。西田さんらはこれまでも、原爆に関する映画上映や展示会を行ってきたが、福島第一原発事故を機に「原発のある暮らしを見つめ直しては」との思いでシンポを決めた。

 長年、反原発運動に携わる福井県小浜市の明通寺住職、中島哲演(てつえん)さん(69)と、福島県飯舘村で酪農をしていた長谷川健一さん(58)が講演する。二人は作家朴慶南さんの司会で討論もする。

 原発で使い終わった廃棄物は高濃度の放射性物質を含むが、再処理する核燃料サイクルも、埋め立てる最終処分場の建設地もめどが立っていない。西田さんは「原発批判だけが目的ではない。電力をたくさん使う便利すぎる生活は必要かを、考える機会にしてほしい」と話している。

 シンポは午後一時から、永平寺町の「四季の森文化館」で。定員四百人、入場料五百円。問い合わせは永平寺の「禅を学ぶ会」事務局=電0776(63)3456。

by seiryouzan | 2011-10-08 13:48 | 福島原力事故関連

『でんき予報』

中部電力より転載
『中部電力でんき予報』について 2011年6月21日
↓電力の最大供給力にピーク時の需要がどれだけ迫るかを、緑黄赤の3色の電池マークで予報し、予報は当日午前8時のほか、前日の午後6時にも公表する。
f0206452_16551876.gif

当社は、ホームページにおいて、2011年6月27日から『中部電力でんき予報』を開始することを決定しましたのでお知らせいたします。

当社は、浜岡原子力発電所の全号機停止により予想される厳しい電力需給に対応するため、さまざまな対策を講じております。しかし、安定供給を果たすための十分な供給力を確保できておらず、厳しい需給状況が継続する見込みです。

電力需要は、夏の平日の昼間時間帯(13時から16時)がピークとなります。今夏は、特に月曜日から水曜日の昼間時間帯の電力需給が、極めて厳しい状況になることが予想されるため、お客さまにも、同時間帯における節電につきまして、さらに特段のご協力をお願いしているところです。

『中部電力でんき予報』は、当社ホームページ上で日々の電力需給状況などを分かりやすくお伝えすることを目的としており、お客さまが節電にご協力いただく際にご活用いただけるものと考えております。

お客さまには大変なご不便とご迷惑をおかけしますが、当社がお届けする『中部電力でんき予報』をご活用いただき、生活や経済活動に影響を与えない範囲で、できる限りの節電にご理解とご協力をお願いいたします。
by seiryouzan | 2011-06-27 16:53 | 福島原力事故関連

花に願いを

福島復興プロジェクトチーム「花に願いを」(福島県福島市・曹洞宗常円寺内)
汚染された福島の大地の浄化を願い、草花を利用した手段や表土除去などの活動に取り組む。

f0206452_917317.gif

設立趣旨■
東日本大震災・原子力災害により「Fukushima」は一変しました。特に原子力災害問題を抱える復興の道のりは果てしなく遠く、出口の見えないトンネルを手探りで歩いているような状況にあります。見えない敵は見えないストレスを増大させ、何が正しくて何が嘘なのか、とまどいと不安の中で県民は生活を余儀なくされています。
しかし、希望を捨てるわけにはいきません。過去のこの地に生きた人々や、未来を生きる人々のためにも、今を生きる私たちは心をひとつにして復興の道を切り拓いていかなければなりません。
このチームはそうした想いを持つ人と、それに賛同いただける人とともに、まずは、汚染された福島の大地の浄化を願い、草花などを利用した手段や表土除去など、考えられる方策を速やかに検討し一刻も早く行動に移すことで蔓延した閉塞感を打破し、元気と勇気を県民に持っていただけるよう努めていきます。
また、被災地復興のまちづくりの推進を図り、偏見・いわれなき差別・風評被害を撲滅するために、各種催事の開催・印刷物の配布・マスコミへの働きかけを通じ、被災県産品のPR・観光者誘致に努めます。福島復興プロジェクトチーム「花に願いを」HPはこちらから

by seiryouzan | 2011-06-27 09:22 | 福島原力事故関連

f0206452_9182927.jpg

【バルセロナ共同】スペイン北東部のカタルーニャ自治州政府は9日、人文科学分野で功績のある人物に贈るカタルーニャ国際賞を作家、村上春樹さん(62)に授与した。バルセロナの自治州政府庁舎での受賞スピーチで村上さんは、東日本大震災と福島第1原発事故に触れ、原爆の惨禍を経験した日本人は「核に対する『ノー』を叫び続けるべきだった」と述べた。

村上さんが東日本大震災について自身の考えを講演や授賞式の場で表明したのは初めてとみられる。

「非現実的な夢想家として」と題したスピーチで、村上さんは震災後の日本がやがて「復興に向けて立ち上がっていく」と強調。

スピーチ全文はこちら

More
by seiryouzan | 2011-06-11 09:15 | 福島原力事故関連

f0206452_10272752.jpg

静岡県は9日、静岡市葵区の茶工場が生産した「本山(ほんやま)茶」の一番茶の製茶から、国の基準(1キロ当たり500ベクレル)を超える679ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。県は同工場に商品回収と出荷自粛を要請。週明けにも同じ地区にある約100の茶工場でサンプル検査をする。

国は今後の検査結果を受けて出荷停止の必要性や対象範囲を判断する。

製茶は、摘んだ生茶葉を蒸して乾燥させた荒茶から、ごみを取り除くなどしたもの。

この工場から製茶を購入している東京都の食品通販業者が自主検査したところ、一部で基準を超えるセシウムを検出。報告を受けた県がサンプルを回収し、厚生労働省横浜検疫所で分析していた。通販業者は既に出荷を停止し、製品を回収中という。

本山茶は静岡市葵区と駿河区で収穫される。茶の生産量で全国一の県では、全体で例年、計約3万5千トンの荒茶の収穫がある。静岡市の昨年の荒茶生産量は3240トン。本山茶は、このうち3分の2を占める。

県は「推計では、飲用茶になるとセシウムは製茶の85分の1に薄まるので、健康に影響はない」と説明した。


More
by seiryouzan | 2011-06-10 10:31 | 福島原力事故関連

曹洞宗公式サイト2011年 05月 27日 注目記事より
f0206452_19153275.jpg

福島第一原子力発電所の事故の影響で、福島県内では原発から30km圏外の一部地域でも計画避難が始まるなど、多くの方がたが先の見えない不安な日々を送っています。
また、福島県内の寺院から付近の放射線量が今どのような状況なのか、せめて自分たちで線量を測ることができればとの願いが現地対策本部に寄せられています。
曹洞宗では、このことを受けてこれらの寺院に放射線測定器を備えることにより、檀信徒にも安心を与えられるのではないかと、今般、測定器を貸し出すことといたしました。
曹洞宗災害対策本部では1回目として30台を購入し、23日に福島県宗務所内の現地対策本部に送りました。今後も随時追加購入し、最終的には150台の測定器が県内の寺院に置かれる予定です。
by seiryouzan | 2011-05-27 19:16 | 福島原力事故関連

町ぐるみでクリーンエネルギーを導入し、電力自給率180%を誇る岩手県葛巻町火力・原子力に頼らぬ町

岩手県葛巻町公式ウエブサイト ホームページ クリーンエネルギーへの取り組み
岩手県葛巻(Kuzumaki)町は、町全体がクリーンエネルギー作りの実験場だ。風、太陽、そしてウシの糞でさえ、再生可能な新エネルギーとして活用される。
 原油依存から脱却する方法の模索が広がり始めていた1999年、当時の中村哲雄(Tetsuo Nakamura)町長は「葛巻町新エネルギービジョン」を策定した。21世紀を目前にして「世界の原油埋蔵量の減少が指摘され、エネルギー問題が話し合われるようになってきた時代だった」と中村元町長は回想する。
当時の同町の緊急課題は、過疎化に伴う財政難を切り抜けることだった。そこで元町長は「林業・酪農業・クリーンエネルギー」の3分野を重点項目に据えた。
当時、町にあった発電用風車は3基だけだったが、日本最大規模の第3セクターの酪農場があり、3000頭のウシが飼育されていた。
これらのウシのうち約200頭は現在、クリーンエネルギー作りに少しばかり貢献している。糞のメタンガスから、37キロワットの電力が生み出されているのだ。これは微々たる量で、しかもコストがかかるが、風力・太陽光発電と組み合わせて新しいクリーンエネルギー技術を創造しようとする「クリーンエネルギー・プロジェクト」の一環だ。
同プロジェクトには、国と民間企業らが合わせて57億円を出資し、葛巻町も4500万円を投入した。風力発電用の風車を12基増設し、発電総量は2万2200キロワットに上昇。これにより、町の世帯数2900件をはるかに超える1万6900世帯に供給できるだけの発電が可能だという。
太陽光発電システムも導入され、葛巻中学校の電力の4分の1がこれにより賄われている。自動車や住宅向けに将来有望とされるクリーンエネルギー、「燃料電池」の研究センターも町内に設けている。
葛巻町では、クリーンエネルギーの開発と共に森の再生にも力を入れ、年間の二酸化炭素排出量を3万9000トン減らし、6000トンにまで削減することに成功したという。(c)AFP


東日本大震災復興支援 秋田県曹洞宗青年会・ビハーラ秋田 
共同企画チャリティTシャツのご協力をお願いします。
f0206452_13462267.jpg
pray, support, and act for TOUHOKU (東北のために祈りを、支援を、そして行動を)
by seiryouzan | 2011-05-25 10:40 | 福島原力事故関連

【ウランバートル会川晴之】経済産業省が昨年秋から米エネルギー省と共同で、使用済み核燃料などの世界初の国際的な貯蔵・処分施設をモンゴルに建設する計画を極秘に進めていることがわかった。処分場を自国内に持たない日米にとって、原子炉と廃棄物処理とをセットに国際的な原子力発電所の売り込みを仕掛けるロシアやフランスに対抗するのが主な狙い。モンゴルは見返りとして日米からの原子力技術支援を受ける。だが、東日本大震災による東京電力福島第1原発事故で日本政府は原子力政策の抜本的な見直しを迫られており、「核のゴミ」を第三国に負わせる手法に批判が出そうだ。
f0206452_1947358.jpg

◇福島事故受け批判必至
各国の交渉責任者が毎日新聞の取材に計画の存在を認めた。続きはこちらから・・・

モンゴル核処分場計画:廃虚の村に原発の夢…現地ルポ
日本と米国がモンゴルに国際的な核廃棄物の貯蔵・処分場を初めて建設する極秘計画が明らかになった。モンゴルは「核のゴミ」を引き受ける見返りに、日米による技術支援で原子力発電所の建設などももくろむ。地下資源が豊富なモンゴルが原子力を必要とする理由は何か。モンゴルが国内初の原発を建設したいと切望する最有力候補地、中部ゴビスンブル県バヤンタル(豊かな草原の意味)村を訪ねた。【ゴビスンブル県・会川晴之】
f0206452_19515359.jpg

モンゴルの原発最有力候補地のバヤンタル村。旧ソ連軍が建てた士官宿舎は廃虚になっていた=会川晴之撮影
◇見返りに技術支援
 首都ウランバートルから東南に約200キロ。中国国境に向かう鉄道沿いに、蜃気楼(しんきろう)のようにたたずむ廃虚のビル群が姿を現した。続きはこちらから・・・
発推進派は「モンゴル国民は日本に強い親しみを感じている。日本の原発なら受け入れる素地がある」(チャドラー所長)との期待がある。
by seiryouzan | 2011-05-16 19:48 | 福島原力事故関連

5月15日 16時40分
f0206452_11583094.jpg

14日、5基すべての運転が停止した、静岡県御前崎市にある浜岡原子力発電所で、5号機の原子炉を冷やすために循環させている冷却水に海水が混じったとみられるトラブルが発生していたことが分かりました。このトラブルで、放射性物質が外部に漏れるといった影響はないということですが、中部電力が発表したのは、発生から20時間近くたった、15日正午前でした。
NHKニュースへはこちらから
中部電力は、菅総理大臣から浜岡原発のすべての原子炉の運転を止めるよう要請されたことを受け、13日、4号機を停止させたのに続き、14日午後、5号機の運転も止めました。中部電力によりますと、5号機の原子炉を冷却する作業を進めていたところ、14日午後4時半ごろ、原子炉を冷やすために循環させている冷却水に不純物が混じっていることが分かりました。中部電力は、冷却水に海水が混入した可能性があるとして原因を調べるとともに、原子炉に海水が入るのを防ぐために、冷却水の循環を別のルートに切り替え、原子炉の温度は、15日正午すぎ、安定した100度未満になったということです。このトラブルが発表されたのは、発生から20時間近くたった15日正午前で、中部電力は、「放射性物質が外部に漏れるといった影響はなく、法律に基づいた国への報告の対象ではないので、直ちに発表する内容ではない」と話しています。
f0206452_12421517.jpg

by seiryouzan | 2011-05-15 19:47 | 福島原力事故関連

2011年5月14日 10時42分 (2011年5月14日 11時04分 更新)
中部電力は14日午前、浜岡原発(静岡県御前崎市)の5号機(出力138万キロワット)の発電を停止した。浜岡原発は、廃炉になる1号機と2号機、定期検査中の3号機を含め、13日午後に停止した4号機に続き、5号機が14日午後に原子炉を停止予定で、全面停止することになる。
 14日午前1時20分から5号機の原子炉内の燃料棒の間に制御棒の挿入を開始し、徐々に出力を下げた。発電機と送電設備を切り離し、午前10時15分に発電を停止した。同社本店(名古屋市東区)の中央給電指令所では、出力表示板の出力を示す数値が「ゼロ」になった。午後1時ごろに核分裂反応が止まり、原子炉が停止する見通し。15日午前に、原子炉内の水温が100度未満で安定する「冷温停止」状態になる予定。
 作業を進めていた4号機は、13日午後11時45分に冷温停止状態になった。
 菅直人首相が6日、中部電に運転停止を要請し、中部電は9日の臨時取締役会で要請を受け入れた。中部電は防波壁建設など津波対策が完了する2〜3年後の運転再開を目指している。【工藤昭久】
f0206452_11583094.jpg


停止しても燃料棒の冷却は続けなければならない。
地震による電源喪失や冷却水喪失が起これば燃料棒溶融が起こりうる。
ただ運転中に緊急停止できないという最悪の事態は回避された
浜岡原発、停止でも去らぬ危険=電源喪失なら制御不能も

by seiryouzan | 2011-05-14 11:58 | 福島原力事故関連