メジロ

メジロ数匹が庭石の上に置いたミカンを食べにやって来ます。
f0206452_1236010.jpg

周りに気を配りながらも必死に食べています。
f0206452_1237381.jpg
時折こちらを向いては首を傾げる仕種の可愛いこと。
f0206452_1027885.jpg

視線を感じるけど、まぁいいか・・・
f0206452_13594982.jpg
房の皮は除けてキレイに果肉だけ食べてほとんど完食。って・・・有る意味芸術作品か?また新しいミカンを置いておくからね。。
f0206452_1240321.jpg
警戒心が非常に強いメジロ。隠れながら、息を止めつつの撮影だったようです。(撮影 住職) 
by seiryouzan | 2013-01-07 13:44 | 境内の鳥・動物・昆虫など

7月末の風景ですが・・・
ヒオウギに蝶が飛来していました!
f0206452_18342114.jpg
モンキアゲハ
f0206452_11222359.jpg
クロアゲハ
f0206452_11284028.jpg
大きな羽音でギボウシの花から花へ飛びまわっているのはクマバチ
f0206452_18202625.jpg
f0206452_18164425.jpg

でもね、しがみつき方が何とも可愛いクマバチ君です
f0206452_1130148.jpg
風に吹き飛ばされないよう必死・・・
f0206452_11313447.jpg


ー追記ー
上記の写真について、しがみついているのではなく、どうやら「盗蜜」という行動なのだそうです。
盗蜜のパターンは田中(1993年)[1]によれば、
1花弁(花びら)や蕚(がく・花被片)の間から蜜を吸い取る。
2チョウやガ(チョウ目)は、長い口吻で蜜腺から直接蜜を取る。
3花よりも相対的に小さな体であるため、葯や柱頭に触れないで花の奥にもぐりこみ、蜜を取る。
4花に穴を開ける、または花を引き裂いて蜜を取る。
5上記4.で開けられた穴を利用して蜜を取る。 の5種類に分類されている。(ウィキより)
どうやらこのクマバチ君「盗蜜」の4番の行動ですね。
by seiryouzan | 2012-08-08 11:39 | 境内の鳥・動物・昆虫など

猫版スイミー?

本堂に行く途中何気に外を見たら・・・・え?えええ~?!
f0206452_927332.jpg

雨が降ったり止んだりと落ち着かない天候のなか、軒下に長~~い物体!いつの間にか住みついた猫の家族が葦簀でのんびり日光浴の真っ最中でした。それにしてもキレイに一列。
f0206452_9202687.jpg
上空を旋回するカラスからは長い物体くらいにしか見えないかも・・・これってスイミーの世界~~!親猫が2匹、子猫が4匹で長くなってます・・・
f0206452_10402922.jpg


More
by seiryouzan | 2012-07-09 09:24 | 境内の鳥・動物・昆虫など

暑い日差しが降り注ぐ午後の境内に、仲良しナミアゲハがモントブレチア《別名ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)》に飛来していました。
f0206452_13542116.jpg

by seiryouzan | 2012-07-02 14:11 | 境内の鳥・動物・昆虫など

珍しいお客様・・・

午後から大荒れの天気予報のなか・・・スギのてっぺん、目を凝らして御覧ください。
f0206452_946491.jpg

って・・・よく見えないですよね。珍しいお客様がおいでになりました。
f0206452_9274535.jpg

近くにある麻機遊水池に生息?大きな青鷺(アオサギ)の雌が飛来しました。
身繕いしたり・・・
f0206452_9244695.jpg
辺りを見回したり・・・
f0206452_925890.jpg
また身繕いしたり・・・
f0206452_9365567.jpg
おっと、何かを発見か?
f0206452_9395243.jpg
急いで飛び立って行きました。飛び出しが撮影出来なくて落ち込む住職を背にお初Blogネタにうきうきの私なのでありました。
by seiryouzan | 2012-04-03 09:44 | 境内の鳥・動物・昆虫など

水色シオヤトンボ

「シオヤトンボ」が蓮の葉っぱにとまっていました。美しい水色です。
f0206452_9104526.jpg

暑い太陽ギラギラの下、長い間留まってくれました。
f0206452_912833.jpg

by seiryouzan | 2011-07-16 09:11 | 境内の鳥・動物・昆虫など

キジバト

昨夜突然、春雷の訪れがありました!!「ゴロゴロもう春だぞ~~~!ゴロゴロ・・・」
早朝、小雨模様のなか柿の小枝にキジバトが二羽仲良くとまっていました。
羽根を膨らませ冬をジッと耐えています。
私は心の中で「暖かい春はもうすぐそこだからね」とささやきました。
f0206452_17531538.jpg

by seiryouzan | 2011-02-24 17:54 | 境内の鳥・動物・昆虫など

油蟬(アブラゼミ)

最近めっきり姿を消してしまったアブラゼミ。
ヒートアイランド現象の乾燥化で生息しにくくなったと聞きます。

夏休みといえばサンダルを履き、麦わら帽子、虫取りカゴをタスキ掛け。
真っ黒けに日焼けした子供達が境内を走り回り、はしゃぐ声。
私の知る夏の風景が変わりつつあります。
f0206452_19162296.jpg

by seiryouzan | 2010-08-20 19:30 | 境内の鳥・動物・昆虫など

金柑(キンカン)の花

本堂、西玄関前の金柑に純白の小さな、ちいさな花が咲きました。
あ~ここでは全く見えないですね。
f0206452_18384659.jpg

よ~く見ないと花が確認出来ませんがプ~ンと甘い香りを漂わせています!
f0206452_18262221.jpg

あっ!!虫が苦手な方はご遠慮くださいね。

甘い香りに誘われて~~~↓↓↓↓↓ 
by seiryouzan | 2010-07-18 18:41 | 境内の鳥・動物・昆虫など

入道雲と昆虫たち

朝から入道雲(積乱雲)のお出ましです。すぐ横に黒い雲発見!!予期せぬ雨が降りそうな気配・・・。
f0206452_11444546.jpg

そんななか、一番乗りで朝食においでになったのはクロアゲハ。
大きな翅をひらひらと、じつに優雅に堂々と舞います。
f0206452_1242427.jpg

ミヤマツツジにしっかり抱きつく小さなトンボです。
いくら探しても名前が分かりません。あなたは何という名前かな?(クリックで大きくなります)
f0206452_11412078.jpg

by seiryouzan | 2010-07-16 11:56 | 境内の鳥・動物・昆虫など