カテゴリ:境内の植物( 204 )

平成30年  彼岸花

f0206452_20512401.jpg
今年も彼岸花が境内や墓地のあちこちに咲き始めています。
まとまって風に揺れていたり、人目を憚るような場所に一本だけひっそりと佇んでいたり。 

幼い頃、曾祖母が「彼岸花はね、亡くなった人の数だけ咲くんよ」と教えてくれた。

それからというもの、彼岸花に出会うと、私のなかでは、
もはや花としてではなく、亡き人として捉えるようになっていますから、
今年もこんにちは。綺麗に咲いて下さってますね。
亡くなられた方々をひとりひとり思い出しながら歩きます。
 
果たして自分は亡くなったらどんな風に、どんな場所に咲くのだろうか。
毎年、己の生き様を考えさせられる彼岸花。
燃えるような花弁がなぜか儚く。今日も風にゆらゆら。 

彼岸花がどうして墓地に多いのでしょうか。
土葬の際の獣除けに植えられたようですね。
彼岸花全体に毒があるそうですから、気をつけてくださいね。
沢山食べなければ大丈夫なようです。

 赤い彼岸花の花言葉 情熱・独立・再会・あきらめ・悲しい思い出

by seiryouzan | 2018-09-19 10:07 | 境内の植物

光鏡院桜開花宣言、一番乗りのソメイヨシノが開花し始めました。
f0206452_156358.jpg
紅のコブシが満開です。
f0206452_1581573.jpg
ハクモクレンも大きな花弁を天に向けています。
f0206452_1593845.jpg

by seiryouzan | 2013-03-18 15:11 | 境内の植物

境内を彩る花たち

紅梅
f0206452_18413388.jpg
f0206452_18415614.jpg
白梅
f0206452_18425269.jpg
f0206452_1847168.jpg
水仙
f0206452_18442710.jpg

by seiryouzan | 2013-03-02 18:47 | 境内の植物

ストレッチ!

秋空の羽根雲とお月様を見上げましょう!
f0206452_9322285.jpg

身体はそのままに首だけ後方に廻しましょう!高い栗の樹を発見!!
f0206452_9344378.jpg
足元に落下の栗を拾い集めて~屈伸運動。
f0206452_936367.jpg
また見上げて~色付く柿を発見!
f0206452_9403419.jpg
秋は知らぬ間にストレッチ!心も体重も上向きか。
朝晩だいぶ涼しくなりました。風邪などひかぬようにお気をつけ下さいね。
by seiryouzan | 2012-10-10 09:51 | 境内の植物

吉祥草の紫色が今年はかなり薄いように感じます。
f0206452_956888.jpg
吉祥草の近くに玉簾が勢いよく咲きました。
f0206452_939689.jpg
愛犬ゆめを石の上に配置してみるも・・・怖々な感じが手に取るようでしょう?ごめん・・ごめん。汗
f0206452_944143.jpg


台風17号が近づいています。ご注意ください。大きな被害がありませんよう祈るばかりです。
by seiryouzan | 2012-09-30 09:46 | 境内の植物

去年より少し早く「十月桜」が開花しました。地道にコツコツと寒い一月まで頑張るそうです!
梶原山入り口に咲く十月桜は、散歩に行かれる方に笑顔と元気を分けています。
f0206452_1075740.jpg

軽い登山服着用のご夫婦の会話。
上を見上げたご主人、十月桜を指差しながら「あそこにサクラが咲いてるぞ!」
奥様「あらやだ、この時期にサクラが咲いてるわけないじゃな~い」
お二人でじーーーーーーーっと観察して・・・「う~~ん、やっぱりサクラだねっ!!」
私、内心ホッ・・・
「やっぱり気候がおかしいのよ!狂い咲きかしら?」
いやいや・・・汗
十月桜 (じゅうがつざくら)という種類のサクラだということを話すと、
再度見上げて「いやいや今日は珍しいもの見せて貰った」と、足取り軽く梶原山へと登って行かれました。
f0206452_952202.jpg

十月桜 は別名冬に咲くので冬桜と言い、花弁は八重で白、薄ピンク。二度咲きで一般的な桜のシーズンにも咲きます。
可憐で息が長く、花びらも少なく地味ですが、盛り以外の過酷な時期に頑張って咲く姿は、人々に愛されるひとつの要因でしょうか。
f0206452_9485899.jpg

by seiryouzan | 2012-09-26 10:09 | 境内の植物

擬宝珠(ギボウシ)

先月の雹(ひょう)の痛手にも負けず開花しました!雹で穴が空いてしまった葉っぱが痛々しいです。
f0206452_1437172.jpg
がんばったね!
f0206452_12593428.jpg

by seiryouzan | 2012-07-17 13:04 | 境内の植物

境内本堂登り口のガクアジサイ、随分と長い間美しい花を咲かせています。
f0206452_824449.jpg
本堂前から山側墓地に行く途中、群生して咲かせるのは薄紫のギボウシたちです。先日の雹(ひょう)被害にもめげず沢山花を咲かせてくれました!
f0206452_8264273.jpg

by seiryouzan | 2012-07-03 08:28 | 境内の植物

梅雨入りと紫陽花

本堂に西側玄関に咲くヒメアジサイが色を付け始めました。
f0206452_1355393.jpg
8日に東海地方が梅雨入りしたと発表されました。暑くてジメジメは嫌ですけど、お米や野菜には無くてはならない梅雨。そして、しっかりこの時期に降雨がないと夏の水不足は深刻・・・「自然」はうまいこと出来ています。
*自然法爾(しぜんほうに)とは仏教語で「自然」はおのずからそうであること。「法爾」はそれ自身の法則にのっとって、そのようになっていること。「法爾自然ほうにじねん」ともいう。
f0206452_2261638.jpg
白い紫陽花も咲きましたよ。
f0206452_16573814.jpg

by seiryouzan | 2012-06-10 21:59 | 境内の植物

水鉢で三つの名をもつ花が咲いています。『睡蓮』という名・・・日中花が開き、夜になると花びらが閉じることから、眠る蓮の花ということで『睡蓮』という名の由来だそうです。『ひつじ草』は午後二時頃(羊の刻)に花が咲くので別名『ひつじ草』と呼ばれ、『ナイルの花嫁』はエジプト、ナイル川の辺にたくさん咲くので『ナイルの花嫁』と呼ばれ、国花になっているそうですよ。
f0206452_8531186.jpg
f0206452_8541232.jpg
もう2時過ぎましたよ~~!起きて~!
f0206452_8545331.jpg
「おはよう~あれ?葉っぱが邪魔だよ~~~!」
f0206452_942249.jpg

by seiryouzan | 2012-06-04 09:05 | 境内の植物