梅花流講習会

6月28日、当寺院で静岡県第一宗務所主催平成24年度梅花流特派講習会が開催されました。教区御寺院様と75名の講員さんにお集まりいただきました。
会場主の講が開講式の詠題、詠頭を務めますので、練習を重ねこの日を迎えました。ドキドキの本番も堂々と落ち着いたものですね。スムーズにお唱えが出来ました。
f0206452_19335859.jpg
「お誓い」担当のKさん!心がこもる「お誓い」を読み上げてくれました。
f0206452_19394349.jpg
本日の講師は満蔵寺ご住職古市太郎師範です。午前は「妙鐘」午後は新曲「道心利行御和讃」を熱心にご指導して頂きました。 
f0206452_19425475.jpg
数日前、世話人さんや講員さんが大掃除をして下さいました。
f0206452_930920.jpg
久しぶりに押し入れから出された座布団たちを虫干し!窓ガラスや網戸もゴシゴシ・・・ピカピカの本堂で気持ちよく受講出来ました。ご協力下さいました皆さんに深く感謝です!
f0206452_9303567.jpg
古市先生ありがとうございました。受講された皆さん、終了後、掃除、片付けまでして下さった講員さん!一日お疲れ様でした!
by seiryouzan | 2012-06-30 11:25 | 梅花

f0206452_9281366.gif

先日、総代さんからこんなお話を伺いました。それは、友人の御葬儀に立ち会われた際のことです。

その方はキリスト教を信仰されておられ、お勤めもカトリック系の施設でありました。

ですので、御葬儀にはシスターの正装をされた、かつての同僚の皆さまが、数多く参列されておりました。

「神の思し召しのもと、天国に参られますよう」と涙ながらに弔辞を述べられる同僚。霊柩車へ棺を運び込む際には、別れを惜しむ者たちが、讃美歌を悲しみに堪えながら一生懸命に歌われていた姿。

このような情景を目にされた総代さんはおっしゃられました。

「私はお寺でお葬式をしてもらえるんですよね。葬儀式場ではなく、菩提寺で見送ってもらいたい。だから住職さんも、お寺でお葬式ができる事を、もっとお檀家に知らせてください」と。

つづきは
by seiryouzan | 2012-06-16 09:28 | 大本山總持寺今月の伝道標語

f0206452_1251515.jpg
樹齢約1200年の薬師桜。この種から育てた苗木が被災地に植樹され復興を見守る

東北の太平洋沿岸地域に多くの檀家(だんか)を有する曹洞宗は、東日本大震災で被災した寺院などに桜を植樹する「復興祈願桜プロジェクト」を始める。復興に向けた長い時を共に歩む象徴として、寿命の長いエドヒガンザクラを数百本植える予定。山形県白鷹町に住む「日本さくらの会」のさくら専門委員金田聖夫(さとお)さん(79)が、全面協力する。
 プロジェクトは曹洞宗の大本山、永平寺(福井県)と総持寺(神奈川県)が連携し、実施する。金田さんが、山形県の指定天然記念物「薬師桜」の苗木を10年ほど前に両大本山に植樹した縁から、昨年末に本山側が苗木を被災地に届けたいと相談し、金田さんも快諾した。
 薬師桜は白鷹町にある樹齢約1200年のエドヒガンザクラ。金田さんは何年も前から苗木を畑で育て、各地の桜植樹事業などに協力してきた。
 畑には現在、発芽した苗に薬師桜の枝を接いだ高さ約1メートルの分身木が150~160本あり、金田さんが2メートルほどに育てて生育を安定させ、11月ごろ総持寺に送る。これとは別に、この春発芽する10センチほどの若芽(二世木)200~250本を6月ごろ総持寺に送る。
 総持寺では、仏殿前に設ける育苗場で修行僧が復興への祈りをささげながら1年間苗木を育て、被災地に届ける。生育上の留意点を金田さんがアドバイスする。
 被災地寺院からの植樹希望の受け付けなどは永平寺が担当。早ければ来春、総持寺に集まった苗木を被災地に送る。来年もプロジェクトを継続し、最終的に500本以上を被災地に植樹したい考えだ。
 植樹した薬師桜が花開くには7~10年かかるという。金田さんは「丹精込めて育てた苗木。長寿の桜が、被災地で復興の力になってくれたらうれしい」と話す。
 両大本山は「復興への道のりは1年や2年で終わるものではない。みんなで長く記憶にとどめ、強い絆を長く結んでいくシンボルとして、エドヒガンザクラに着目した」とプロジェクトの狙いを説明する。2012年02月23日木曜(河北新報ニュースより)
by seiryouzan | 2012-06-15 12:06 | 復興支援

NHK『明日へ』<花は咲くプロジェクト>
五十音順 秋吉久美子、荒川静香、生島ヒロシ、イケメン'ズ、岩井俊二、岩田華怜(AKB48)、梅沢富美男、大友康平、加藤茶、門倉有希、狩野英孝、かの香織、菅野よう子、熊谷育美、佐藤B作、さとう宗幸、沢田知可子、サンドウィッチマン、涼風真世、鈴木京香、千昌夫、中村雅俊、仲谷明香(AKB48)、新沼謙治、西田敏行、野村克也、畠山美由紀、原田直之、本田武史、マギー審司、村上弘明、森公美子、杜けあき、山川恵里佳、遊佐未森、由規 2012年5月23日発売
f0206452_2219937.png

f0206452_22204838.jpg



by seiryouzan | 2012-06-13 22:22 | 復興支援

梅雨入りと紫陽花

本堂に西側玄関に咲くヒメアジサイが色を付け始めました。
f0206452_1355393.jpg
8日に東海地方が梅雨入りしたと発表されました。暑くてジメジメは嫌ですけど、お米や野菜には無くてはならない梅雨。そして、しっかりこの時期に降雨がないと夏の水不足は深刻・・・「自然」はうまいこと出来ています。
*自然法爾(しぜんほうに)とは仏教語で「自然」はおのずからそうであること。「法爾」はそれ自身の法則にのっとって、そのようになっていること。「法爾自然ほうにじねん」ともいう。
f0206452_2261638.jpg
白い紫陽花も咲きましたよ。
f0206452_16573814.jpg

by seiryouzan | 2012-06-10 21:59 | 境内の植物

昨夕のことです。外でミィーミィーと仔猫の鳴き声。見れば上空にカラス、そして車の往来・・・。傍に親猫の姿もなく。いやいや、これまずいでしょ。引っ掻かれることを想定しながらも手を延ばすと、意外にも直ぐ大人しく腕に抱かれたこの仔猫ちゃん。
f0206452_10301989.jpg

そっと家に連れて帰ると初めに「こゆき」が気付き・・・
f0206452_10292762.jpg

「あなたはだぁれ?」ひたすらクンクンククン・・・
f0206452_10334734.jpg

爆睡していた他の犬達も気づき、すぐさま上や下への大騒ぎ!・・・とは裏腹に、自分の置かれる状態に全く気が付いていないのか?ただただ静観の仔猫ちゃん。
f0206452_1037475.jpg

この仔猫ちゃんはすぐに心ある里親さんに大事に引き取られてゆきました。心から感謝です。
引き取られて行った後も我が家の愛犬達は仔猫騒動に暫しハイテンションが続き、裏口ドアを開ければ仔猫を探しに飛び出す始末。特に子犬を産んだ経験のある犬は「母性本能」が蘇るのでしょうか?少し可哀想なことをしちゃったのかもしれません。
f0206452_10572535.jpg
ーあとがきー
こんな風にすぐに里親さんが見つかることは非常に希なコトです。改めてこの仔猫ちゃんがもつ運の良さに驚いています。
by seiryouzan | 2012-06-09 11:29 | 愛犬

f0206452_102935.gif

鎌倉時代に生きられた道元禅師は、真の仏法を求めて、二十四歳の時中国へ渡られました。天童寺で禅を学んでおられた道元禅師は、禅の真髄を参究したいという一心で、脇目もふらず坐禅修行に専心しておられました。

ある時、中庭を歩いておられた禅師は、寺のすべての食事を司る 典座(てんぞ)和尚に出会いました。和尚は、腰が大きく曲がり、かなりの高齢と見えました。真夏の日差しがじりじりと照りつける中、汗水を垂らして、ひとり椎茸を干しておられたのです。道元禅師は尋ねました。「どうして、老師のような尊い方が、そのようなたいへんな思いをして、椎茸を干していらっしゃるのですか、もっと若いお弟子さんにやらせたら良いのではないでしょうか」それに対して、典座和尚は「これは私のやるべきことじゃ。他のものは決して、私の代わりにはならぬ」と答えられました。さらに禅師は質問なさいました。「どうして、今のように最も日差しが強く、暑い時分になさるのですか。もう少し時間がたてば、日が傾いて暑さも和らぐでしょうに」それに対して、和尚は、「今の時をおいて、他にどんな時があるというのじゃ」と答えられました。

つづき
by seiryouzan | 2012-06-08 10:31 | 大本山總持寺今月の伝道標語

定家葛(テイカカズラ)

定家葛が今年も農道脇に群生しています。
f0206452_838665.jpg

「式子内親王を愛した藤原定家が、死後も彼女を忘れられず、ついに定家葛に生まれ変わって彼女の墓にからみついたという伝説(能『定家』)に基づく。」wikiより。
f0206452_8423517.jpg

by seiryouzan | 2012-06-07 08:42 | その他

梅を収穫!

午前に家族総出で境内の梅の実を7kg収穫し、午後、梅シロップを漬けました。
f0206452_17152871.jpg
今年は雹(ひょう)被害か?傷ものが多く選別に時間がかかりました。傷を見る度に痛かったね~と傷口を撫でたくなります。痛みがひどい梅を見ながら住職は「梅エキス」にしようか迷っていました。
何はともあれお盆にご参集の皆様に梅ジュースをお出し出来ます!良かった!
f0206452_17154826.jpg

by seiryouzan | 2012-06-06 17:19 | 手作り 

水鉢で三つの名をもつ花が咲いています。『睡蓮』という名・・・日中花が開き、夜になると花びらが閉じることから、眠る蓮の花ということで『睡蓮』という名の由来だそうです。『ひつじ草』は午後二時頃(羊の刻)に花が咲くので別名『ひつじ草』と呼ばれ、『ナイルの花嫁』はエジプト、ナイル川の辺にたくさん咲くので『ナイルの花嫁』と呼ばれ、国花になっているそうですよ。
f0206452_8531186.jpg
f0206452_8541232.jpg
もう2時過ぎましたよ~~!起きて~!
f0206452_8545331.jpg
「おはよう~あれ?葉っぱが邪魔だよ~~~!」
f0206452_942249.jpg

by seiryouzan | 2012-06-04 09:05 | 境内の植物