涅槃会と護持会総会

2月15日冷たい小雨の中、涅槃会と護持会総会が開かれました。
f0206452_16472430.jpg

涅槃図
f0206452_165411100.jpg

護持会総会で会計報告、今年度予算も無事承認されました。
f0206452_16565453.jpg
ご参集いただきました皆様、理事、役員の皆様大変お疲れ様でした。

涅槃会(ねはんえ)とは
by seiryouzan | 2013-02-20 16:58 | 行事や法要

f0206452_104366.gif


『月の音』

「あなたは月の音を聞いたことがありますか?」

この問い掛けに対して、多くの方は不思議に思われるかもしれません。月は何度も見たことがあるけれど、音は聞いたことがない。そもそも月って音がするのと、そんな声が聞こえてきそうです。でもどんな音がするのでしょうか…。

先日、一枚の楽譜を演奏し、それを映像にしたという作品を見ました。ガラス張りの部屋の置かれた一台のピアノ、静かに演奏者は入ってきて椅子に腰をおろします。そして、ピアノの上にある一つの機具のスイッチを入れ、演奏を始めようと両手を上げた瞬間、映像は左に旋回していきます。そこには、その曲を聞こうと数人のお客が座っており、一人一人の姿を映しながらカメラは回り静かに一切の音がないまま映像は終わります。実はこの楽譜には休止符しかない無音の曲なのです。しかし、そのお客の表情には確かに曲が聞こえているようですし、それを見ている私にも確かに聞こえたような気がしました。

『二月十五日は涅槃会』
by seiryouzan | 2013-02-02 10:44 | 大本山總持寺今月の伝道標語

後世に残そう!

東日本大震災:震災体験、電子書籍で後世に 山田の元高校教師・田村さん、31日発行 /岩手
毎日新聞 2013年01月29日 地方版
f0206452_820199.jpg

◇ローカル紙に「私記」連載…逃げ惑う姿などつづられ
 東日本大震災を体験した山田町後楽町の元高校教師、田村剛一さん(74)が盛岡市のローカル紙に連載した「震災私記」を電子書籍出版社の「岩手復興書店」(盛岡市)から31日発行する。逃げ惑い、肉親の安否を求め回る隣近所の人たちの姿などがつづられている。田村さんは「経費を掛けずに体験記録を後世に残すのに電子書籍は合っている」として選んだという。【鬼山親芳】

毎日JPより

More
by seiryouzan | 2013-02-01 08:20 | 地震関連