f0206452_20531494.gif
私が本山にお勤めしていた時、修行僧からある話を聞かされたことがありました。歳を召した男の方が、まだ修行を始めたばかりの修行僧たちが、必死になって長廊下を雑巾がけする姿を、じっと眺めていたそうです。その男性が修行僧に話かけました。「私は、御本山に来るのが好きなんです。御本山に来て、修行僧たちが無心に作務をしている姿を見ると、ほんとうに心が洗われてとても楽になるのです。」そして、実は重篤な病に冒されていて、命がいつまで持つかわからないことを涙ながら話してくれたそうです。修行僧は思わずもらい泣きをしてしまったそうですが、あとで思い返して見て、とても不思議に思ったそうです。「自分たちは、ただいつものように長廊下を雑巾がけしていただけなのに、どうして男性の心をとても楽にすることができたのだろうか。」

More
by seiryouzan | 2014-03-19 20:56 | 大本山總持寺今月の伝道標語